スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/30 7/1 京都 岐阜

6/31~7/1に京都~岐阜行ってきました。


夜行バスで京都着、喫茶店でチーズトーストを食べる、とても好みだったのでまた行く。

会館で13時からの試験の勉強(悪あがき)いつの間にかおじちゃん達に囲まれて、
さくさくのワッフルとか、ふわふわのワッフルとか、お饅頭とか、ハーゲンダッツとか貰う、うま。
ベスブ×灰鉄ざくろとかぶどう石とか眺めて学芸員の先生から薀蓄とか聞いた。

試験を受けた。この試験は一度や二度は落ちる、と先輩から聞いていた、実際とても難しかった。
白紙で出すことも覚悟していたのだが、まだ全問考えて書く事ができたので次もっとやり込めはいけるんじゃないかと思う。
というかベスブ×灰鉄も、ぶどう石も、試験に出た。薀蓄聞いてたのに、もっと突っ込んで聞けばよかった。

試験の後、遊びに来ていたお兄さんがうちの図鑑のブイズのブックカバーをみて「ブイコレやん」と言った辺りからポケモン談義をした。
他にも、先輩もポケモン好きだしこないだ会った高校生の子もポケモン好きだし、ここはポケモンファンが多い。

夕方から、学芸員の先生と前から約束していた岐阜への鉱物採集の為に京都を発った。
よく鉱物採集初心者をあちこち連れまわす先生だそうで、勉強にもなるし安心だしでとても助かった。
先生は見た目よりずっと若いし、色々と冒険してる人だし、話が盛り上がった。岐阜、多治見の宿で休んだ。


翌日、近くの喫茶店で朝ごはんを食べた、流石愛知のお隣だけあってモーニングが盛んだった。
岐阜の恵那、苗木と言うところは、とても大きなペグマタイトという鉱物鉱床があり、日本の鉱物最大級の産地となっている。
道中にある化石博物館近くの化石産地に立ち寄って、川と洞窟を見た

まずはトパーズと錫石採り。
ざくざく石を拾う→ふるいにかける→トパーズや石英を探す
ふるいから落ちた砂粒を水の中でパンニング(比重選鉱法)→最後に残った黒い粒が錫石 という感じで1時間ほど。

ここで腹ごしらえでラーメンを食べた。流石愛知のお隣(ry 八丁味噌のラーメン、美味しかった。

緑柱石が採れる所へ、本で紹介されたような有名なズリ山らしい。
昔は松の森だったのが今は竹林になってしまったようで少し迷う。蚊にたかられる。
ズリ山を見つけたけど、かなり採掘され尽くした跡らしい、目ぼしい物がなかった。
そこではハンマーの使い方を教えてもらって、パカンパカンと石を割って遊んだ。

それから採石場を幾つか回った。稼動しているところがあれば、頼んで見せてもらおうという感じだった。
唯、夏場は暑い為あまり仕事をしていないらしい。思ったようにどこもお休みだった。

最後に輝水鉛鉱が採れるという山へ。ここでも蚊の洗礼を受ける。
のそのそ歩いて石英に付いた輝水鉛を幾つか拾う。
場所を変えるとごろっと岩石(流紋岩?)の中から輝水鉛の脈が出てきたりと面白かった、錫石も拾った。
マムシの出そうな藪の中に先生が突っ込んで行った時は流石に躊躇ったし、ハチは苦手だ、どうしても毒蛇毒虫系が怖い。

帰り、近くの温泉に入って少し時間があったので名古屋へ寄り道。
味噌カツを食べた、美味しかった!
京都に戻ってバスに乗って帰った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。