スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州北部と、音速ライブ

 先週、音速ラインのライブに行って来た。
 あまりメジャーじゃないけど、和風なロックで、郷愁を誘う音楽で、凄く好き。

 恋人と別れたのは先月なんですね、なのでもう思い出なんですが、
 その人が教えてくれたのが音速ラインで「逢いたい」という曲から。
http://ceron.jp/url/www.nicovideo.jp/watch/nm3828370
 ライブでも歌って下さって、胸熱。
 ボーカルが35歳くらいと聞いてたんですけど、凄く若く見えて、可愛かった。
 ケイブビーという普通のライブハウスでやってくれたんで、近くてよかった。
 アンコールの時に「写真撮っていいよー」と言われて撮った写真。

 ボーカルは福島出身の人なので、絵ろうそく等、会津の特産物があった。



   *   *   *


 青春18切符の時期ですので、行ってきました。

 3月31日の博多行きの夜行バスに乗車、たったの2000円の格安プラン。
 夜行バスが平気な人間で良かった。隣の人(赤の他人)は全然眠れてなかったらしい。
 途中で立ち寄った壇ノ浦のパーキングエリアからの関門海峡が素敵だった。

 4月1日の早朝博多到着。
 歩いて10分程の温泉でまったりしてから、親戚の居る八女の羽犬塚へ。
 九州随一の福岡だが、博多から離れるとずいぶんと長閑な風景だった。
 羽犬塚で母と合流。
 母は3月の末から熊本やらへ旅行をしていて、その帰り。
 親戚に拾われて法事、遠縁のサキちゃんというハタチの子と意気投合する。
 声優志望で高校は演劇部、今年から東京へ勉強へ行くらしい。
 出された食事が豪華で美味しかった。
 九州っ子というと猛々しいイメージじゃけど、のんびりした親戚一同だった。
 語尾が本当に「っちゃ」「たい」なのが可愛かった。

 案外法事は早く終わり、博多へ戻り母と別れる。
 その日の夜、ご飯&家に泊めてくれるという予定の友人Pとの待ち合わせ。
 時間に余裕があったので、博多駅周辺を散策。
  
 ハンズで自転車のサドルバックを購入。雑誌を見て欲しかったやつ。
 Pに会い、ポケセンに行きたい!と告げると、あれ、ハンズに行くの??
 ポケセンってキャナルからハンズへ移転したのね、危なかった。
 ポケセンは、春休みの日曜ということでごったごたにごった返していた。
 すれ違いも溜まりに溜まったし、黒いレックウザのガラポンでチャーム等を頂いた。
 キモリ・ワニノコ・ヒトカゲのぬいぐるみやデンリュウ系チャームを購入して満足。
 チャームのカイリュー系とチルタリス系は品切れで、Pと共に凹んだ。


 その後、キャナルへ向かい、まぁ広島で言うお好み村だよね、
 観光客しか行かんだろうよというラーメンスタジアムへ。
 途中で迷ったりする、Pもうちもとんでもなく方向音痴なので仕方ない。
 門司港風と博多風のラーメンをハーフサイズで注文して頂いた。
 門司港風はあっさりしていて好きだったし、博多風も美味しかった。
 キャナルではマジックショーのようなものをしていて、賑わっていた。
 ABBAの曲と共に噴水が踊るやつが去年の夏見て好きだったので、見られて良かった。


 博多駅から小倉へ戻って、Pの家に泊った。
 ゼルダの話やFEの話やポケモンの話を中心に濃い会話をして、寝た。


 4月2日、低血圧のPを尻目に朝7時に家を出て、別府へ向かった。
 道中は海が見えたり山が見えたりと面白かった。
 温泉街、というものをあまり体験したことが無い。
 道後温泉には行った、あちらも風流な上品な温泉街で素敵だった。
 別府はあちこちから湯気が出て、なんてワイルドな温泉街だろうか。
 あまりに腹が減って、窓口をあちこちと迷った。とり天を食べに行くことにした。

 「リボン」というお店の鳥天。
 美味い。さくっとしてて、初めての食感。唐揚のように重たくない。
 駅に戻る道の河原の桜がまた、素晴らしかったし、鯉のぼりも良かった。

 なんて長閑なんだろう。

 それにしても賑わっている、話を聞けば別府温泉祭り、という祭りらしい。
 人が多いのにはゲンナリだが、特別周遊バス&無料開放の温泉もあるのでチャラかな。
 そのバスに乗って、上の方の明礬温泉街へ。
 良い景色の露天風呂が好きで、まず「湯の花」という特別無料開放中の露天風呂へ。
 看板に偽り無く、大変良い景色だった。なんだか肌にも良い気がする。
 少し明礬温泉街を歩いた、素敵に硫黄の香りが立ち込め楽しかった。
 変わった形の掘っ立て小屋のようなものもあった、明礬が採れるらしい。

 明礬からの景色はこんな感じ。

 再びバスに乗り、地獄めぐりで有名な鉄輪温泉街へ。
 
 まずは美しいと評判の海地獄。確かに美しい。

 全てを回る余裕が無いので一部スルー、是非行きたかったのは鬼山地獄。
 ワニが居るらしい、とても可愛かった。
 
 ぱかっと口をあけてぼやーっとしている姿が実に愛らしかった。
 その後は観光客向けらしい坂を下り、温泉卵と焼き芋、アイスを食べた。
 足湯エリアもあり、サイクリニストがゆったりしていた。
 一通り楽しんで、またバスに乗り、少し離れた竜巻地獄と血の池地獄を見に行った。
 
 正直、期待していた。
 少し離れた場所にあり、名勝に指定され、ガイドブックにも堂々掲載。
 鬱蒼とした森の中、おどろおどろしい血の池とダイナミックに吹き上げる間欠泉!
 ・・・と、野性味溢れたものを期待していたのだけど。なんだか普通。
 竜巻地獄のイルカショーばりに整備された客席は、なんだか拍子抜けした。

 山を居り、別府駅に戻りもうひとっ風呂浴びた。
 今度は内湯の小さな町の温泉、という感じで、小奇麗で良かった。

 幸運なことに、3月末予定だった「火祭り」が悪天候の為、本日に延期されていた。
 野焼き、の様な感じのことを行う祭りである。
 火祭りの舞台になる扇山を望めるゴルフ場へ、特別バスが出ていたので乗り込んだ。
 隣に座ったおばちゃんとぼちぼち話した。

 火祭り前の扇山。

 ゴルフ場に着きやや経つと、山の右上からチロチロと火が見えてきた。
 しばらくは、そのチロチロの延長のような炎のままでまたがっかりした。
 周りの観光客と「地味じゃねー」と話してると、20分位のところで地元の人が登場。
 こんな地味なの?という観光客の問いかけに、
「まぁ見てみんさい、もうちぃとで大きゅなるけぇ」(大分弁に変換してください)て。

 山の右上で燃えていた炎が、左上からも燃え、両端の裾を伝って、下降していく。
 ギリギリまで下りると炎がいきなり大きくなり、全面に広がり、迫力が出てきた。

 文字じゃ伝わりにくいが、炎が、蛇が伝うようにすそから広がっていき、見入った。
 ごぅごぅと山全体が燃えているのを、地元の人が「竜神」だと表現した。

 1時間ほど楽しみ、バスで下山。
 別府駅から大分に向かい、宿に行きすぐに休んだ。


 5時半に起き、大分市内を軽く散歩した。

 小雨の大分市内もしっとりと良かった。

 宿の朝ごはんを食べて、由布院へ向かった。

 大分駅にあったポスターのこの犬が可愛い、阿蘇のキャラらしい。

 由布院に着いて金鱗湖に向かった、途中少し雨に打たれた。
 観光地らしい賑やかな道中で、あちこち立ち寄って雨を凌いだ。

 パワスト屋が多い。エスニック系も。他にも女の子らしい雑貨屋や犬猫グッズのお店など。
 大分と言えば鳥の聖地らしく、卵を使ったお菓子のプリンやケーキ屋も多かった。
 蒔絵の店で鯉の蒔絵を買い、アイスとプリンを食べたし、鳥のコロッケも食べた。

 金鱗湖は、普通の湖というか池というか、普通。朝は霧がかかり綺麗らしい。

 駅に戻って、駅から徒歩30分くらいの評判の露天風呂へ行った。
 風が強く、営業しているか訊こうと電話をかけたらノイズばあで繋がらず怖かった。
 この日は春の嵐が吹き荒れた日で、評判の露天風呂なのにだーれも居なかった。
 1時間半位だらだらしてたけど、その間2、3組くらいで、まるで貸切だった。



 景色はだいたいこんな感じ。
 浸かっている間、雹が降ったりもした。
 雲の流れがとても速くて、立ち上る湯気と共に神秘的だった。
 曇り気味だったけど、たまの晴れ間から覗く由布岳の全貌が綺麗だった。

 駅に戻る途中が凄い風だった。
 駅に戻ると電車が止まっていた、待合室が殺気立っていた。
 これはいけないと思い、時刻表を抱えて作戦を立て直した。
 今日中に帰る予定だったが、Pと連絡を取り、小倉にたどり着くことにした。
 窓口のお姉さんが「この先全く予想つきません」と言い、
 由布院から小倉までも怪しい中で、今考えるとなんて楽天的なんだと思う。

 小一時間ほど待つと列車が来た、
 
 こんな時でもちゃんとゆふいんの森号は来た。
 とても綺麗な列車で、何かあってもこの中で一泊するなら良いや、って思った。
 こんな緊急時でも私は平常運転で、久留米で乗り換えて、
 ぐちゃぐちゃなダイヤの中で新幹線に乗り、神速のピカチュウを貰ってきた。

 博多駅はまぁ、騒然としていた。
 鹿児島本線は割と動いていたけども、博多から上りはやばいと。
 その中で急病人も出たらしく、うちの目の前で救急隊員がおばちゃんを抱えて行った。
 丁度その頃、小倉辺りまでは動く、という見通しが出ており安心した。
 動きそうになる時間まで、またもハンズに寄って、ポケセンで散財をした。
 フシギダネとゼニガメのぬいぐるみを買って、自転車売り場を眺めた。
 電車が動き出して落ち着いた頃、電車に乗って小倉へ向かった。

 またPに会い、だらだらと雑談をして寝た。

 翌朝は快晴で、小倉から新幹線で広島へと戻り、そのまま仕事に行った。
 朝、小倉駅で買ったかしわ飯弁当が美味しかった。
 一泊増えて、Pと話せて、これはこれで面白かった。



 本当は写真つきの日記だったけど、省いたので文章がおかしいところがございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【九州北部と、音速ライブ】

先週、音速ラインのライブに行って来た。あまりメジャーじゃないけど、和風なロックで、郷愁を誘う音楽で、凄く好き。恋人と別れたのは先月なんですね、なのでもう思い出なんですが...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。